オーディオブログ

主にポータブルオーディオについて載せていきます

iBasso Audio DX200

f:id:deepinpact2007:20170702090039j:plain

f:id:deepinpact2007:20170702090042j:plain

f:id:deepinpact2007:20170702090045j:plain

f:id:deepinpact2007:20170702090048j:plain

 6月28日、WM1Z、PAW GOLDに続く第三のDAPが届きました。

 iBasso直販で購入して発送からわずか1日で届き、対応の早さに驚きました。

 

 AMP2カードとMITERのケースも同時に購入しています。

 

 開封して、まず箱のギミックに驚かされました。

 AK380とかを購入した時のような興奮が蘇りました。

 

 同梱物は本体、USBケーブル、バランスエージングケーブル、SPDIF用RCA-3.5mm変換ケーブル、純正ケースです、クイックスタートガイド、ワランティカードです。

 ガラスフィルムが最初から貼られています。

 

 搭載されているAndroidのバージョンは6.0です。

 プレイヤーアプリはAndoroid上で動作するMangoPlayerとMangoOSが選べます。

 ただ、MangoOSは動作が多少もたつきますが、許容範囲内だと思います。

 

 音質面では、僕の環境では2.5mmバランスは使わないため、AMP2カードでのアンバランスでの評価になります。

 ちなみにデフォルトのAMP1カードは2.5mmバランスと3.5mmバランスを搭載しています。

 AMP2カードは3.5mmアンバランスのみです。

 

 一聴した印象では、WM1Zほど濃い音質ではないものの、スッキリしていて、見通しが良い鳴り方で、それでいて、必要十分な低域の厚みがありました。

 AK380を初めて聴いた時の印象が思い出されました。

 解像感は非常に高く感じられ、高域の伸びも充分。

 JH AUDIOのCIEMと相性が非常に良かったです。

 総じてこの価格からは信じられないほどの高音質で、さすが、ES9028ProをDualで搭載しているだけの事はあるな、という印象でした。

 

 Android搭載という事で、他のアプリ(YouTubeSpotifyなど)も導入したいところですが、現在、GooglePlayに対応していないため、残念ながら実現出来ないです。

 カスタムROMを導入すると実現できますが、当方の環境(Win10)だと導入ツールがエラーで起動できず、ROMが焼けなかったので、試すことが出来ませんでした。

 純正ファームウェアでも当初あったような日本語の文字化けなどは解消されていますので、あとはアーティスト名がきちんと並んでくれれば文句は無いです。

 

 他には対応出力端子が豊富という点が挙げられます。

 フォーンアウトの他に、SPDIF、同軸デジタル、3.5mmラインアウトが搭載されているので、大抵の外部アンプと接続する事ができます。

 試しに、同軸デジタル(COAX)でMojoと接続してみましたが、接続を自動認識し、音が普通に鳴りました。

 3.5mmラインアウトでアナログアンプと繋いでも面白いかもしれません。

 

 国内正式販売が待たれるDAP筆頭に挙げられる、優秀な機種ではないでしょうか。

 

 

広告を非表示にする