オーディオブログ

主にポータブルオーディオについて載せていきます

JH AUDIO Lola

f:id:deepinpact2007:20170608212245j:plain

f:id:deepinpact2007:20170608212248j:plain

f:id:deepinpact2007:20170608212251j:plain

f:id:deepinpact2007:20170608212256j:plain

f:id:deepinpact2007:20170608212303j:plain

 4月6日のJH公式サイトでのプレオーダー開始と共に注文し、本日届きました。

 5月から生産開始と聞いていたので、それからおよそ1か月。

 ようやく届きました。

 デザインはまだ公式サイトがリニューアルされないので、新デザインが検討出来ず、幸いな事に凡例のデザインが凄く気に入ったので、それと同じにしてほしいと要望し、実現しました。

 LightningStrikeフルカーボン仕様です。

 ロゴカラーもカッパーという新しいカラーです。

 リケーブルはBeatAudio Emeraldを使用しています。

 早速、音出しをしましたが、最初はびっくりしました。

 試聴時に感じた不安が的中してしまったのです。

 それは高域の刺さりです。

 シンバルの音がキンキンと鳴り、楽曲によっては聴くに堪えない音でした。

 エージングで改善するかは分かりませんが、高域はBA型とはいえ、4発も積んでいるので、多少は改善しそうな気はしています。

 それでも、特に僕が好んで聴く、メタルとの相性は抜群に良く、これだけでも救いです。

 中域はDD型ですが、適度な広がりが感じられ、今までのJHのモデルの中ではヴォーカルラインが凄く聴きやすいのが特徴です。

 低域調整は2時方向で適度に低域を上げています。

 ギターやドラムの音も気持ちよく響き、さすがはJHといったところです。

 正直、高域の刺さりが無くなれば死角なしと言えるくらいのポテンシャルは感じました。